このサイトは、私の子供のために集めたぬりえをご紹介しております。
ぬりえは子供の知育に良いと聞いたことがありますので、どんどんご利用下さい♪

スポンサードリンク

ポケモン(ポケットモンスター)のぬりえ(塗り絵)

カテゴリ >>ポケモン(ポケットモンスター)

ポケモン(ポケットモンスター)

ポケモンマスターを目指す主人公サトシとピカチュウの成長の物語とポケモン達のキャラクター性に焦点を当て、ゲームソフト発売から1年あまり経った1997年(平成9年)4月1日から、テレビ東京系列にて字幕放送アニメ番組としてスタートした。

ゲームをアニメ化した作品にとどまらない独特な世界観と芸術性でギャグから涙をさそう感動まで幅広い作品性を持っている。
アニメーションになる事で本来のポケモンのデザイン的な良さが一層際立つ事となる。
またRPG作品のポケモンでは表現に限界のあった生き物らしさをもったポケモンが登場する事でポケモンというキャラクターが更に広がるきっかけとなった。
ゲーム版とは表現上バトルの属性や進化に関する一部の設定が異なる場合がある。

そうしたこだわりによって構築されたアニメポケモンはゲームプレイヤー以外の視聴者にも受け入れられた。
そして徐々にお茶の間アニメの定番としての位置を不動のものにしていった。
更に主なファン層である子供達の親の層にも安心して受け入れられた。

同年12月16日(第38話の「でんのうせんしポリゴン」の放送日)に起こった「ポケモンショック」によって番組の存続が危ぶまれたが、アニメ放送から半年以上・ゲーム発売から数えれば2年近くもの間に築いた視聴者との信頼によってか人気は衰えず、数ヶ月の放送中断を乗り越えた放送再開後、1998年夏にアニメ映画を公開。
同年に日本で公開された映画で4位の興行成績を記録した。
その後も毎年夏にアニメ映画を公開していき、毎年興行成績で上位の成績を上げる。

現在もアニメ番組の視聴率ランキングで10位以内を保持しており、テレビ東京のアニメとしては最も高い視聴率を獲得している。

現在では世界各国でも何カ国語以上に訳されて放映されており、テレビ東京系はもちろん、日本、そして世界を代表するアニメーション作品として成長している。
ギネスブックにも「最も多くの視聴者に発作を起こさせたテレビ番組」として掲載されている。

2007年第1回「声優アワード」シナジー賞を受賞。


ポケモン(ポケットモンスター)ぬりえ(塗り絵)

ポケモン(ポケットモンスター)のぬりえをダウンロードしよう♪

次項有 http://tactblog.up.seesaa.net/nurie/poke1.html


このページをお気に入りに追加してね♪

posted by ポケモンアンパンマン at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | ポケモン(ポケットモンスター)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。